それでも税理士登録をしない理由

18 10月, 2018 (10:44) | その他 | By: jimmy

税理士登録をしていない場合は税理士を名乗ることが出来ませんので、就職した際、収入面で差が開いてしまう可能性は否めません。
しかし、それでも登録しないのは、大手の企業ならば、登録していなくても登録者と同じくらいお給料が貰えるのかもしれません。
もしくは、未登録者の給与体系がしっかりしているのでしょう。
昔は、税理士になったからには自分の力で開業し、顧客開拓をしようと意気込む人が多かったと思います。
しかし最近は、将来のことを考えると、雇われていた方がいいと考える人が多いのかもしれません。
ちょっと前までは、企業に勤めるサラリーマンより、自営業者の方が多かったそうですが、最近はサラリーマンが大半を占めています。
税理士事務所で働いていれば、資格が無くても、それなりに税理士っぽい仕事が出来るってことですかね。
でも、書類にサインをしたり税務相談にのることが出来るのは税理士だけですので、裏方の仕事がメインになるのかもしれません。
現代は、仕事ばかりをするよりも、仕事とプライベートの両方を充実させたいと考えている人が多いと聞きます。
きっと、未登録の税理士にはそんな考えがあるのかもしれませんね。